保育所が不足している問題と実態
保育所に対する思惑
保育所が不足しているということは、ここ数年で非常に大きな社会問題となっています。不足しているのであれば保育所を新たに作ればよいと考えがちですが、新たに保育所を作ることができないという事情もあります。

昨今は核家族化が進み、子どもの声に慣れていない生活を送る人も増えています。元気いっぱい遊ぶ声が、ほほえましいと感じるのではなく、迷惑と感じてしまう人たちもいるということになります。また、その地域の道路事情なども、保育所の新設を妨げるものになっています。

保育所の新設が出来たとしても、そこで働く人が集まらなければ、やはり保育所を開所することができません。現在ある保育所ですら保育士不足に悩んでいる現状で、新たな保育所を開設しても、質の高い保育士を集められない可能性もあります。このような保育士不足が保育所を新設できない理由となっている可能性もあります。

高い質の保育を求める保護者の声も、保育所の新設が進まない理由となっている可能性もあります。わが子を預けるのであればできるだけ質が高い保育施設に、できるだけ低価格で預けたいと考えますよね。ですが、その要望に応えられる地方自治体は少なく、質が高い保育の実施を民間にゆだねれば、どうしても利益を生み出すために高い保育料が必要になるというケースがあります。保育所は数だけあればよいわけではなく、子どもを安心して預けられるだけの質を求める声が、保育所が増えない理由となっている可能性もあります。