保育所が不足している問題と実態
近隣住民からの反対
昨今の保育所不足を解消するために、自治体では保育所の新設をはじめ、さまざまな施策を行っています。実際に新しい保育園を開園しようとする動きは多くみられますが、この動きを妨げる動きというものも存在しています。

子どもの遊ぶ声がうるさく感じる。お迎えに来る人たちの声が耳障り。交通障害などを生み出す危険性がある。など、保育所をめぐる様々な問題を、地域の住民が訴え、保育施設の新設を反対する動きが多くみられます。

保育施設の新設に反対をする住民の声は、何も子どもの声がうるさいというものだけではありません。保育施設の新設が予定されている地域の道路が狭く、子ども自体が事故にあうリスクが高い、親が子どもを送る時間帯や、お迎えに来る時間帯に万が一緊急車両が来る時に、緊急車両が通行できない事態が起こる可能性を危惧するといった声もあります。

このように、なかなか近隣の住民の方から理解を得ることが出来ず、保育所を増やしたくても増やせないという地域もあります。近隣の方が理解し、地域で子どもたちを一緒に育てていくという意識をどのように持ってもらうかという点を考えなければ、これから保育所を増やしていくことは難しいといえます。


★ピックアップサイト★
少しでも多くの子どもが保育所へ通えるようになるためには、保育士の確保も重要です。保育士が特に不足している施設で力になりたいという方は、保育士専門の転職サイトを利用すると良いでしょう >> 保育士 転職