保育所が不足している問題と実態
働く人が不足している
幸いにして保育所を新設したり、今ある保育所の定員を増やした場合でも、そこで子どもたちのお世話をする保育士自体が少なければ、やはり十分な保育をすることはできませんし、安全性を確保できないため、保育所不足を解消することは難しくなります。

働く母親たちの勤務体制も多様化し、保育所もこれに対応する必要が出てきます。ですが、多様化した保育ニーズに合わせるためには、保育士が早朝から夜遅くまで働くことが求められることになります。ですが、このような働き方に給与水準が追い付いていないという現実があります。

子どもたちはかわいいと思っても、やはり仕事として働いているからには、給与待遇が良いことは必要です。ですが、保育士の給与は決して高い水準にあるわけでありません。子どもたちの命を預かり、常に目を配り緊張する仕事をこなしているのに、その報酬となる給与水準が低いとなれば、保育士として働く人が減ってしまうことにつながります。

自分のライフスタイルに合わせた働き方が難しい点、想像以上に大変な職場である点、給与が安い点などで、保育士をやめていくという人も多く、保育士不足が保育所不足に追い打ちをかけているということもいえます。