保育所が不足している問題と実態
量ではなく質の問題
自分の子供を保育所に預けると考えた時、とにかく預けられれば良いわけではなく、やはり質の高い保育を行ってくれる保育所に預けたいという気持ちがあります。質の高い保育所はそれなりに人気があり、なかなか入ることができないという状態になります。

一方で、保育所をとにかく増やそうとするあまり、質が低い保育所を作ってしまったらどうでしょうか。やはりそこには保育所を利用したいという人はなかなか集まらないということが起こります。

質が高い保育所を作るためにはやはり費用も掛かりますし、保育士や調理師などさまざまな保育に携わる人材集めも大変です。保育所を増やしたいと思っても、それだけの費用をかけ、人材を集める余裕が地方自治体には無く、民間がこのような保育所を作ればどうしても収益を上げるために保育料が高いということが起こってきます。

子どもを預けて働く親にとっては、高い保育料を払うだけの余裕がない可能性もあります。質が良く、低料金で利用できる保育園を必要としているということになります。

保育所は数だけあればよいわけではありません。そのため保育所が必要と言われても、なかなか保育所を増やしていけないということになってきます。